• z[
  • p\R@
  • 100 円パソコンは得か?損か?

100 円パソコンは得か?損か?

携帯ショップでも見かける「100 円 PC」
そのメリット・デメリットは

街中の電気店や携帯ショップでも見かけることの多い 100 円パソコンは、モバイル通信への長期加入が条件の「セット販売パソコン」である。

賢明な方ならお察しの通り、パソコン単体購入よりも、当然、トータルの支出は高くなる。それでは全くメリットが無いのかと言われれば、そうとも限らない。

主要キャリアの割引率

携帯電話でお馴染みになった「販売奨励金」は、携帯電話の新規加入に対し、携帯キャリアが、販売店に対して提供する「リベート」のようなもので「インセンティブ」と呼ばれることもある。

「リベート」と書くと悪いイメージしか持たれないが、よくある「値引き販売」の一種と考えればよい。本題となる「100 円 PC」も同様で、モバイル通信加入の奨励金を、パソコン本体の値引きに充当しているわけだ。

奨励金は、キャリア、店舗の販売実績、販売時期等によっても異なるが、概ね 30,000 円程度だろうか。これにプラス、利用者が契約後に支払う月額利用料から、セールス業者に割り戻される金額を合算して、トータル 40,000 円辺りが最大値引き幅と見られる。

パソコン本体の仕入れ差額を計算に含めた場合、必然的に 100 円パソコンの対象機種は、実売価格で 40,000~50,000円のネットブックになってくる。店舗によっては購入機種を特定せず、どの機種を購入しても一律 XX 万円引きという販売を行っている事も多いので、使い方次第では利用価値も高い。

実際の費用はどれくらい

それでは、実際にかかる費用はどれくらいなのかを、現在、100円パソコン主流の「イーモバイル」で見てみよう。販売店によっては「契約料金」として 3,000~4,000円の別料金を取る場合があるので、契約前に確認して欲しい。

100 円パソコンの対象機種で、実売価格が最も高い(得な)のは、東芝や富士通等の国内メーカーが発売する「最新の低価格ネットブック」になる。本体の実売価格で 58,000~62,000円。「イーモバイル+にねんMAX」とのセット契約だ。

コースタイトル通り、2年間の契約縛りで、月額基本料金 2,800円のスーパーライトは、ネット接続料金が別料金。接続し放題の「データプラン」が、月額 6,480円の固定料金になっている。ここで、年間でのトータル料金を、単体購入・クレジット分割払い・途中解約を含めて纏めると

パソコン本体を現金で単体購入58,000円
58,000円を年率 15%で 元利均等2年払い67,500円
スーパーライトでデータ通信未使用 2,900円×24ヶ月69,600円
にねんMAXで当月に解約 69,600円+当月利用料 2,900円72,500円
にねんMAXで1年後に解約 37,700円+2,900円×12ヶ月72,500円

いずれの場合でも、パソコン単体を現金購入したケースより1万円ほど高くなるが、分割払いとの差額は僅かだ。たまにモバイル通信をするだけと割り切れば、それ程、損な買い方でもない。

それでは、ネット通信をフルに使用するとどうなのか。

スーパーライトでデータ通信最大利用 6,880円×24ヶ月165,120円
データプラン使い放題 6,480円×24ヶ月155,520円

スーパーライトの基本料金だけで利用できるパケット数(ダウンロード量)は非常に小さい。文書だけの電子メール受信でも十数件程度、インターネット閲覧なら、4~5ページ、画像を含む広告が掲載されたページだと、1ページ表示しただけでも使い切ってしまうので注意して頂きたい。

モバイル通信を使うのが前提ならば、どの道、いずれかの通信キャリアと契約が必要になるので、そのような方から見れば「無料パソコン」と言って間違いない。

今後の推移

100 円パソコン戦略では「イーモバイル」が先行したが、2010年にソフトバンクが本格参戦し、今後は値引き合戦に展開する様相を見せている。今すぐにモバイル通信が必要で無いのなら、少し静観しておくのも良い選択である。

現時点では、携帯電話とモバイル通信を、同じ携帯キャリアとした場合の「割引」はあまりない。今後のキャリア間競争で、このような「携帯電話とのセット割引」が出てくる事は容易に想像が付くので、それを待ってみるのも一案だろう。