Microsoft Windows

好き嫌いは別にして
パソコンのスタンダード OS に間違いない

Windows95 の大ヒット以来、Win98、XP、Vista と着実な進化を遂げる、Microsoft Windows。2009年末に発売された Windows 7 も好調だ。

デファクトスタンダード

今更説明の必要もないだろう。現在使用されているパソコンの8割が MS-Windows 搭載機とも言われる「パソコンのスタンダード OS」である。当サイトに掲載した記事も、この「Microsoft Windows (MS-Windows」がベースになっている。

一口に MS-Windows と言っても数々のバージョンが存在するが、一番人気を誇った Windows XP が生産終了となった今、今後、パソコンを購入される方は、必然的に MS-Windows 7 一択になる。サーバー系の MS-Windows 20XX 系は、この際除外しておくとする。

MS-Windows 選びの注意点

MS-Windows 搭載パソコンを選ぶ際は、MS-Windows のバリエーション(エディジョン)に注意しておきたい。 最新版 MS-Windows 7 の場合だと Starter、Home Premium、Professional、Ultimate の 4 種類のエディジョンがある。

Starter が最下位版で Ultimate が最上位版。上位版になるほど付属するソフト類が増え、製品価格も高くなるが、基本性能の差は少ない。

個人で使用する場合や、パソコン本体にバンドル(付属)されているのは、大体が Home Premium になる。一部の低価格ネットブックに Starter というエディジョンが使用されているのだが、これは、同時に実行できるソフトの数に制限があるので、出来ることなら避けたい。多少の金額差で Home Premium が入手出来るのであれば、そちらを選択するべきだろう。ちなみに Starter はネットブック向けの OEM 専用なので、市販はされていない。

会社内で使用するパソコンで、社内に設置されたサーバーとドメイン接続する必要があれば、Professional 版以上が必要になる。ドメイン接続の意味が解らないようであれば、おそらく必要はないはずだ。

32bit 版と 64bit 版の違い

MS-Windows 7 の上位版には 32bit 版と、64bit 版が存在する。 パソコンの心臓部とも言える「CPU」はご存じだと思うが、64bit 版 CPU 専用に設計された MS-Windows が用意されているという事。

最近のパソコンはほとんどが 64bit CPU を搭載しているのだから、OS も 64bit 版が良いと思うだろうが、事はそう単純ではない。それでは bit 数が多いと何が違うのだろう。利用者にはどんなメリットがあるのだろうか。

一般的には、同時に実行できる命令が倍になるので、ソフトの動作も速くなる。但し、単純に倍になる訳ではなく、ほとんど変わらないケースもある。これはプログラムの作り方にも依存する事なので、ここでは説明を省略させてもらおう。 ひとつ確かな事は、64bit MS-Windows 上で、32bit 版のソフトを動かしても早くなるケースはほとんど無いという点だ。64bit の恩恵を受けられるのは、64bit 専用ソフトを使用した場合だけである。

現在市場に出回っているソフトはほとんど 32bit 版であり、64bit 製品は数えるほどしか存在しない。数年のスパンで見れば、64bit への移行は必然なのだが、現時点でのメリットは少ないと思って欲しい。

最大メモリ量が大きい 64bit 版

唯一、現時点での最大メリットと言えるのは、パソコンの「メモリ搭載量」だろう。32bit 版の場合、パソコン本体に大容量のメモリを搭載しても、MS-Windows 側で認識できるのは 3.4GB 程度に制限されてしまう。64bit 版ではこの制限が緩和(エディジョン別の上限はある)されているので、より大容量のメモリが使用できる。最近のソフトはどれもメモリを大量に消費するので、この点だけでもメリットにはなるだろう。

現在出回っている多くのソフトは、64bit 版上でも動作する。しかしハードウェアに依存するソフトの場合は難しい。手持ちのハード・ソフトで確認した範囲では、デフラグソフト・パーティション操作ソフト・一部のフリーソフト・イメージスキャナのドライバが 64bit 版で動作しなかった。これも今後のバージョンアップで解消されるとは思うが、実用優先ならば 32bit 版を選ぶのがよい。

MS-Windows の利用価値

市販のアプリケーションソフトを中心に考えた場合、MS-Windows 系パソコンを選んでおけば、まず間違いない。ある特定ジャンルのソフトで、Mac 用が 2 製品あったとすれば、MS-Windows 用なら 10製品くらい見つけることが出来るだろう。ソフトは質で数ではないが、数が揃っていなければ選びようもないのも事実である。

少し前までは、Mac オンリーのデザイン系・音楽系ソフトも多く、それが Mac の優位性でもあった。しかし、現在はほとんどの製品で MS-Windows 版がリリースされているので、この点でも Mac のアドバンテージは少ないだろう。

インターネット上の動画再生も、やはりユーザー数の多い MS-Windows に分がある。問題が発生した時でも、周囲に利用者の多い OS は有り難い。Mac OS や Linux が悪いという事は決してないが、OS に特別な拘りがなければ MS-Windows のチョイスが正解と言える。

DSP(fB[GXs[)

uDPSŁvƂ Delivery Service Partner ̗̂ŁAHDDFD̃n[hEFA@ƃZbgŔ̔ OS ̎B

[J[nPC̏ꍇAPC{̂ɑ΂ OSCZXt邽߁APC{̂𔃂ꍇɂ̃CZX͎Ă܂ADSPł́AYtn[hEFAɑ΂ OS ̎gpCZXt̂ŁAƂ{̂𔃂ĂAYn[hEFAgĂ OS CZXpėpoB

sOSpbP[WȂiōwo锽ʁAOS̃T|[g͔̔Xs߁AMicrosoft ւ̎Ȃǂ͏oȂB