Linux

完全無料の Linux(リナックス)
テレビや新聞で取り上げられる事も多いが

一言で「Linux(リナックス)」と言っても、実は様々な種類がある。ざっと挙げると、Turbo Linux、Fedora Core、Redhat、SUSE Linux、Ubuntu、KNOPPIX、Wine Linux、Plamo Linux 等々、数え上げればきりがない。

UNIX の兄弟分

Linux は、昔の大型コンピュータやワークステーションで使用していた「UNIX(ユニックス)」という OS を見本に、誰もが無料で使える事を目的に開発された。この Linux 上に Window 機能を被せたのが X-Window (sが付かない)になる。

開発経緯は異なるが、FreeBSD も UNIX 系の OS で、これを土台としたのが Mac OS-X である。これらパソコン上で動作する UNIX 系 OS を総称して「PC-UNIX」と呼ぶ場合が多い。

ちなみに Microsoft Windows との比較で、MS-Windows = Linux という表現には誤解がある。しいて言うなら「MS-DOS + MS-Windows」が「Linux + X-Window」に相当するのだが、話が面倒になるので、説明上では「Linux」と表記しておこう。

なぜ何種類もの Linux があるのか

利用者にとってもっとも魅力なのは、Linux が無償で提供されるのと同様に、Linux 上で動作するソフト類もほとんどが無償で配布されている事だろう。 MS-Windows や Mac OS-X 等で揃えたら、それこそ百万円以上かかるようなソフトでさえ無料で手に入れることが出来る。その数や種類も膨大である。

Linux を利用したいユーザーは、これらをインターネット上から個別にダウンロードしてインストールするのも可能だが、ファイルサイズも大きい上に、膨大なソフト資産から自分が必要とする物を見つけ出すのも一苦労。

その手間を省くために「ディストリビューションパッケージ」という物が有償販売または無償配布されている。各メーカーや、有志一同が、思い思いの組み合わせでこの「パッケージング」を行った結果、先に挙げたように十数種類にも及ぶ「Linux 系バージョン」が登場したわけだ。

Linux はスタンダードになったのか

至れり尽くせりな Linux。利用者数が増えているのは間違いない事実だろうが、MS-Windows のように実務で普及しているかと言われれば、答えは No となる。

Linux を利用する上で一番の問題は、導入しようとするパソコンに対応しているかという点だ。たとえば新発売のビデオカードを購入した場合、MS-Windows で使用するためのドライバソフトは標準で付いて来るが、Linux 用のドライバが付属することは珍しい。

Linux パッケージに組み込まれるのを待っていると、半年から 1 年かかる場合があるので、まずインターネット上で対応機器リストを見て、ご自分のパソコンの各パーツが対応しているか確認する必要がある。

また LANドライバや、ビデオドライバの再構築(ビルド)が必要になる場合も多い。更に Linux カーネルの再構築を行わなければならない場合もあり、こういう点も Linux 導入の敷居を高くしている一因となっている。

充実したフリーソフト群

前述の「膨大なフリーソフト」で主要な物は、多機種対応(マルチプラットホーム化)になっているので、これだけを持って Linux の優位は語れない。それでは、市販アプリケーション類の充実度はどうだろう。

Microsoft Office と互換が高い OpenOffice の登場以来、事務系の日常使用には不自由が無くなった。しかし販売管理や財務会計のような業務用ソフトはほとんど無い。私個人も頻繁に利用している Linux だが、取引先へ「クライアントパソコン」として薦めるには、業務用ソフトが少なすぎるし、開発環境が不十分なのだ。

サーバー用途は Linux の独壇場

クライアント PC としての Linux には前述の問題もあるが、サーバー用途であれば導入価値は極めて高い。現にインターネット上で動作するサーバー OS の多数は Linux で構成されている。

サーバーを構築するにはパソコン本体と OS 以外に、DNSサーバー、DHCPサーバー、Webサーバー、データベースサーバー、メッセージングサーバーなど数々のサーバー系ソフトが必要になる。MS-Windows Server でこれらを揃えるとなると20~200万円もの費用がかかるが、Linux であればそのほとんどが無料で入手できるというだけでも、その価値が理解できるだろう。

Linux の利用価値

Linux 系は「パソコンを弄り倒したい」くらいの猛者にお勧めしておこう。市販ソフトはほとんど無いと覚悟した上で、OS 自体のカスタマイズや、その過程を楽しむのが良い。 パソコン経験の浅い方が「ソフトには絶対お金をかけたくない」という理由で選択するのは大きな間違えである。そういう考えだけで始めると、かなり早い段階で躓く事になる。

パソコンの利用は「インターネットが見たい」とか「表計算ソフトで事務処理したい」というように、具体的な目的があるのが普通だが、実は「パソコン自体を楽しみたい」という方も意外に多い。

良い(悪い?)例が「パソコン自作ユーザー」のパターン。性能面にそれ程不満が無くても、新しいパーツが発売されるとつい購入してしまう。取り付け終わったからといって、その後の利用方法が変わるわけでもない。他人から見れば単なる無駄遣いとしか感じられないが、これは「自作」という過程を楽しんでいるのである。

私は小さい頃「ラジオ少年」だった。今で言う「電波少年」的な物ではなく、トランジスタ方式のラジオを組み立てる趣味の事である。ラジオに必要なケースから基盤・部品までが一セットになって販売されていて、これを半田付けしながら完成させる物である。 ゲルマニウム方式のラジオから始まり、1石トランジスタラジオ、2石・3石物と徐々に部品数の多いラジオを組み立てていくのだが、これも他人から見れば馬鹿らしい趣味に違いない。

ラジオなんてひとつあれば十分なので、実用面で見ればまったく意味がない。しかしこれも一部の「パソコン自作ユーザー」と同じように、ラジオが欲しいのではなくて、組み立てる行為そのものを楽しんでいるのだ。 「パソコンを自作する」「ラジオを作る」という行為は、「Linux を弄る」に似た嗜好ががある。これもパソコン遊びの一つだと言える。

MS-Windows パソコンにも Linux をインストールする事は出来るので、パソコン自体に慣れてから Linux を始めても良い。サーバー用途としてなら一番のお勧めである。